スキンケアで美肌UP-最新ミニ辞典:美容~経済-

過剰なスキンケアは逆効果です!基本に忠実に、基本のスキンケアで素肌美人になりましょう。気になるダイエット情報、美容やヘアケアに関することも紹介しています。美容情報以外にも、生活全般や経済関連のミニ情報満載です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

低炭水化物ダイエットのデメリット

炭水化物ダイエットの考え方は、脂肪を代謝するために必要になるたんぱく質や脂質を多く摂り、脂肪蓄積の元となる炭水化物を減らすというものです。

低炭水化物ダイエットは炭水化物を減らせば実行可能という単純なものでなく、おかずに工夫をするなど減らした炭水化物のフォローが必要です。

サプリメントで欠乏しがちな栄養素を補給することも低炭水化物ダイエットでは大事です。
低炭水化物ダイエットの欠点を把握し、補いながらダイエットをしましょう。

人間の体は、炭水化物からブドウ糖を作り出し、血球や脳、中枢神経系など生命活動に欠かせない部分にエネルギーとして送り込んでいます。

脳の働きを活性化させ続けるには、脳が常時消費しているブドウ糖を何らかの形で補い続けなければなりません。
糖質が不足すると肝臓のグリコーゲンを分解して補いますが、10時間ほどでグリコーゲンの貯えも底をついてしまいます。

最終的には、たんぱく質を筋肉から取り出しブドウ糖にして脳のエネルギーとします。
肝臓への負担を考えると、肝臓で糖を作る作用はなるべく行わずに済ませたいものです。

糖質不足を補うため、体内の脂質をエネルギーにすることが低炭水化物ダイエットの特徴ともいえます。
脂質を使うためには肝臓での分解作用が起きますが、その際にケトン体が作られるようになって酸性体質になり、体に様々な不調が表れることがあります。

酸性体質になると疲れやすく病気にかかりやすくなり、重篤な場合は昏睡状態になってしまいます。

低炭水化物ダイエットは上手に活用できているうちはいいですが、間違うと体に重大な影響が出てしまいかねません。

スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。