スキンケアで美肌UP-最新ミニ辞典:美容~経済-

過剰なスキンケアは逆効果です!基本に忠実に、基本のスキンケアで素肌美人になりましょう。気になるダイエット情報、美容やヘアケアに関することも紹介しています。美容情報以外にも、生活全般や経済関連のミニ情報満載です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

美肌スキンケア方法<混合肌>

化粧品を買うときに、お肌のタイプ別にと書いてある、もしくは選択することがありませんか。

「普通肌」「乾燥肌」「オイリー肌」「敏感肌」「混合肌」というのが、一般によくあるタイプ別です。

では、「混合肌」というのはどういう肌でしょう。文字どおり、脂っぽいところとカサつくところがある肌。
多くは、頬とTゾーンの肌質の違いのようです。
原因としては、季節の変わり目や生理前後のホルモンバランスの乱れが挙げられます。
季節や自分の体調にあわせたスキンケアが必要になってくるようです。

対策としてはどのようにすればいいのか。「洗顔」で考えていきましょう。
まず、しっかり泡立てる。これは洗顔の基本ですね。
では、その泡立てた泡を、まず顔のどこに置いていますか?

混合肌の人は、頬がかさつき、Tゾーンが脂っぽいわけですから、頬から置いてはいけません。
落とす効果が一番高いものをまず置かなくてはいけない。その場所はTゾーンです。
最初に鼻に泡をのせて、なでるように洗ってください。
人差し指では力が入りすぎますから、中指と薬指でマッサージしているつもりの力加減がおすすめです。

しっかり洗わないと、なんて思って、ゴシゴシこすれば、余計に皮脂の分泌を招いてしまいます。
反対に、皮脂の分泌を活発にしようと思って、頬をゴシゴシこするのもやめてくださいね。
乾燥している肌に刺激は禁物ですよ。

泡を肌におく時間のことも考えて、まず脂っぽいところから洗い、乾燥しているところは最後に。
そんな細やかなところにも気をつけてみましょう。

手足のしびれ 原因と症状

スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。