スキンケアで美肌UP-最新ミニ辞典:美容~経済-

過剰なスキンケアは逆効果です!基本に忠実に、基本のスキンケアで素肌美人になりましょう。気になるダイエット情報、美容やヘアケアに関することも紹介しています。美容情報以外にも、生活全般や経済関連のミニ情報満載です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

アトピー肌のスキンケア(赤ちゃんの入浴)

赤ちゃんの肌は、とても柔らかくデリケート。
健康肌でも、刺激に弱いものです。

アトピー肌の赤ちゃんなら、なおさらのこと。
赤く傷ついた肌は痛々しいですよね。
アトピー肌の入浴について勉強しましょう。

赤ちゃんは毎日、場合によっては日に二度入浴しますよね。
使用する石鹸ですが、高価なアトピー用石鹸というのがありますが、無添加・無香料のものでよいでしょう。
無添加石鹸でも、それほど高くないものもあります。探してみましょう。

薬用石鹸は、殺菌効果が高く、そのぶん、刺激があるので、肌に炎症をおこしているアトピー肌には向いていません。
毎日、石鹸を使わねばと思い込まなくてもいいでしょう。

赤ちゃんの肌が、かさかさに乾燥しているときは、無理に石鹸を使わないほうがいいかもしれません。乾燥を増してしまうことがありますから。
お肌の状態をみて、決めてください。

石鹸を使う場合は、しっかり泡立てましょう。
赤ちゃん専用のスポンジやタオルも発売されていますが、手でそっとなでるように洗ってあげるのが、手軽で清潔だと思います。

赤ちゃんの肌にも石鹸の成分が残らないように、しっかりすすいでください。
できれば、お水をかけて皮膚を鍛えましょう。

冷水摩擦というほどでなくていいのです。皮膚に、高温・低温の刺激を与える程度でいいので、交互にかけると、皮膚が鍛えられます。
また、お湯だけであがるよりも、お水をかけるほうが、肌が乾燥しにくいようです。
出た後は、濡れたタオルを絞ってふいてあげると、刺激が少なく、乾燥しにくいです。

催告書・代位弁済

スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。