スキンケアで美肌UP-最新ミニ辞典:美容~経済-

過剰なスキンケアは逆効果です!基本に忠実に、基本のスキンケアで素肌美人になりましょう。気になるダイエット情報、美容やヘアケアに関することも紹介しています。美容情報以外にも、生活全般や経済関連のミニ情報満載です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

美肌スキンケア方法<肌タイプ別>

肌は主に普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌の5つに分類されます。
今回は、あえて、肌トラブルの対策にとりあげられることの少ない、「普通肌」「脂性肌」「混合肌」について勉強してみましょう。

★普通肌★

角質層の水分が充分にあり、皮脂の量も適度な肌です。
お肌のきめも細かく、理想的な肌タイプといえます。
セラミドやヒアルロン酸配合の化粧品で保湿をしっかりし、美肌をキープしましょう。

美肌キープの対策は2つ。
睡眠をしっかりとり、肌に休養を与えること。
紫外線を避けること。
この2つができないと、肌へのダメージが大きく、すぐにトラブル肌に転化してしまいます。

★脂性肌★

皮脂の分泌が多く脂っぽい肌を脂性肌と言います。
特徴として、脂浮きしやすい、ニキビができやすい、毛穴の開きや黒ずみが気になる。
これは、過剰な皮脂が毛穴を詰まらせてしまうからです。
雑菌が繁殖しやすく、炎症もおこしやすくなります。

対策としては、充分な保湿です。
セラミド配合のものがよいでしょう。
余分な皮脂を落とし、水分を肌にしっかり補充しましょう。

★混合肌★

混合肌は脂性乾燥肌ともいいます。最近増えてきている肌質のようです。
特徴としては、
 ◎ 夏は脂っぽいなり、冬はカサついてしまう。
 ◎ Tゾーンがベタつくけど頬などUゾーンはカサつく。

対策は肌への水分補給。
セラミド配合とアルコールフリーの化粧品がおすすめです。
アルコールは揮発性があるので、肌を乾燥させてしまうからです。
洗いすぎて、バリア機能を落としてしまうと、乾燥肌・敏感肌へ転化しやすいようです。

ブログサービス

スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。