スキンケアで美肌UP-最新ミニ辞典:美容~経済-

過剰なスキンケアは逆効果です!基本に忠実に、基本のスキンケアで素肌美人になりましょう。気になるダイエット情報、美容やヘアケアに関することも紹介しています。美容情報以外にも、生活全般や経済関連のミニ情報満載です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

美肌スキンケア方法<肌タイプ別>

肌は主に普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌の5つに分類されます。
今回は、あえて、肌トラブルの対策にとりあげられることの少ない、「普通肌」「脂性肌」「混合肌」について勉強してみましょう。

★普通肌★

角質層の水分が充分にあり、皮脂の量も適度な肌です。
お肌のきめも細かく、理想的な肌タイプといえます。
セラミドやヒアルロン酸配合の化粧品で保湿をしっかりし、美肌をキープしましょう。

美肌キープの対策は2つ。
睡眠をしっかりとり、肌に休養を与えること。
紫外線を避けること。
この2つができないと、肌へのダメージが大きく、すぐにトラブル肌に転化してしまいます。

続きを読む

スポンサーサイト

このページのトップへ

ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメント

ヒアルロン酸とコラーゲンが一緒に配合されたサプリメントの人気が高いようです。
同じような働きをするためごっちゃになりやすいですが、コラーゲンとヒアルロン酸は全く違う物質です。

糖の一種であるムコ多糖類に属する物質がヒアルロン酸で、タンパク質に属する物質がコラーゲンです。
ヒアルロン酸は水との相性がとても良く、たった1グラムで6リットルもの水分を保持できると言われるほど保水力に優れ、常に安定した水分を含んでいます。

そのため、肌の潤いを保つために効果的です。
ヒアルロン酸もコラーゲンも、歳月の経過で体内からなくなっていく成分でもあります。

続きを読む

このページのトップへ

美肌スキンケア方法<クレンジング>

スキンケアの基本は、肌に余分なもの、不必要なものを落とし、必要なもの、たりないものを補充することです。

女性がするメイク、特にファンデーションは本来、肌には不必要なものです。
だから、毎日、メイク(ファンデーション)をしっかり落とし、肌をリセットすることは重要です。

そのリセットに必要なスキンケアはクレンジング。
クレンジングについて勉強しましょう。

クレンジングには、大きく二つのタイプがあります。
洗い流すものとふきとるものです。
洗い流すタイプでも、肌別やメーカーによって種類があります。
オイル・ジェル・クリーム、好みや肌質で選びましょう。

続きを読む

このページのトップへ

エステ体験とは

エステの正式な名称は、エステティックサロンです。
エステティックサロンとは全身、または顔を中心とした肌のケアや、無駄毛の処理、あるいはダイエットなどを行うところです。

エステという言葉は、エステに行くなどと使われます。
エステティックサロンそのものより、エステティックサロンでの行為そのものを指して使われることがほとんどのようです。

女性の専売特許のようにエステが見なされていた時もありましたが、近頃はエステに関心を抱く男性も増え、男性向け体験コースも存在します。

続きを読む

このページのトップへ

ヒアルロン酸をサプリメントで

雑誌広告やテレビCM、生活情報番組などで目にすることの多いヒアルロン酸のサプリメントは、1度は聞いたことがあるでしょう。

誰の体でもヒアルロン酸は存在しており、主に関節や皮膚や脳にあります。
ヒアルロン酸が人の体の中に最も多く存在するのは、赤ちゃんの時です。
その後、年を取ると共に少しずつ体内のヒアルロン酸は減少します。

人によって差はありますが、20代を過ぎた頃から減り方も加速し、50代になると20代の頃の約半分しかなくなります。
これがヒアルロン酸のサプリメントが人気である理由のひとつです。

続きを読む

このページのトップへ

美肌スキンケア方法<保湿>

もともとが敏感肌でなくても、春先や秋口の季節の変わり目に、敏感肌になる人が増えていきます。これは、どんな肌質にも起こり得ることです。

何故でしょう?
それは、人間の顔の血液量が季節の変わり目に変化するためです。
顔の血液量は、春分の日あたりから下がり始め、秋分の日あたりから増えていこうとします。
暖かくなると、体を冷やそうとし、寒くなると、体を温めようとする人間にそなわった機能ですね。

しかし、この血液の量の増減とと気温にズレが生じたとき、敏感肌というトラブルが起きることがあるのです。
肌のバリア機能が落ちてしまい、乾燥肌・敏感肌に悩まれることになります。

続きを読む

このページのトップへ

アトピー肌のスキンケア(赤ちゃんの入浴)

赤ちゃんの肌は、とても柔らかくデリケート。
健康肌でも、刺激に弱いものです。

アトピー肌の赤ちゃんなら、なおさらのこと。
赤く傷ついた肌は痛々しいですよね。
アトピー肌の入浴について勉強しましょう。

赤ちゃんは毎日、場合によっては日に二度入浴しますよね。
使用する石鹸ですが、高価なアトピー用石鹸というのがありますが、無添加・無香料のものでよいでしょう。
無添加石鹸でも、それほど高くないものもあります。探してみましょう。

続きを読む

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。